読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ニュージーランドのワーホリからの帰還☆

ニュージーランドのワーキングホリデーから帰還してからのブログです。何かのお役立てれば光栄です。

☆念願の車購入inニュージーランド☆

こんにちは!!naosanです。

 

今回はついにnaosanの記念すべき1台目の車購入です。

1台目?

って思われた方もいるかもしれません。

そうです。この先naosanは合計2回車を代える事になります。

かなり先ですが。。。。(笑)

 

では、前回の続きです。

 

サヤと別れ途方にくれながらi-site(案内所みたいなところ)を探していると、ありました。「これで寒さを凌げる。」と思いました。

しかし、お決まりですが、i-siteは閉店していました。

時刻は18時。日本ならここからがかきいれ時なはずなんだが、ニュージーランド(以下NZ)はそうでないはないらしい。。。。

早速、アウェイの洗礼を受けましたよ(*´Д`)

 

丁度その時、売り手の方から連絡が来ました。

約束は20時でしたが、仕事が早く終わったので、19時には行けるとの事。

助かる。

が!!

あと、1時間防寒着無しで待機。本当にヤバい。

とりあえず、日当たりの良さそうな近くの公園へ。

日没はまじか。公園の噴水の近くに座り売る主を待つことに。

それにしても、公園のベンチにいるニュージーランド人(たぶん。。。。)全員半袖なんだよ。こっちまで寒いわ!!

 

ガタガタッ!ブルブルッ!!恐いし寒い(;´Д`)

 

そして、予定よりも早く売主到着!!

本当助かった。

 

ここで、売主紹介。

ニュージーランド人の旦那、仕事は車のメカニック

・日本人の奥さん

・ちょっと生意気でシャイな2人の子供

 

特に、日本人の奥さんは良い人だが、かなりイケイケ感出ている感じ。

このくらいじゃないと、ここでは生きていけないのだろうか(;´Д`)

 

家族は車2台で来てくれていました。

何故かと言えば、ここで僕が買ったら、そのまま引き渡せるからです。

この時点でかなり良心的です。

普通なら、その車を買った場合、売主の家まで乗せて帰らなければなりません。これが暗黙のルール。

 

では、早速対象の車を見させてもらう事に!!

 

車種はスズキのソリオの990cc。いわゆる軽自動車です。

車内は綺麗で広々としていて、かなり良さげ。

しかし、軽自動車と言うのが、かなり気になる所です。

 

しかし、前回書いた通り、naosanには選択肢はありません。

どんなにダメでも買うの一択です。

 

僕「買います!!」

売主「試乗は?」

僕「じゃあ少しだけ」

売主「じゃあ旦那が乗るから、一緒にクライストチャーチ入口のスーパーまで運転して来て。私たちも後ろからついて行くから」

 

何で旦那やねん!!

 

ま~。奥さんが心配なんでしょう。仕方ないです。。。。

が、英語話ながら運転なんて、事故起こせと言っているようなもんだろうが!!

 

なんやかんや言っても仕方ないので、車に旦那と乗り込み、NZ初運転です。

クルクル回る交差点(ランナバウト)を通過し、信号を通過し、途中なんとか英語で話ながら、運転終了!!

 

どうやら、旦那は日本の飲食で気にっているのは飲み放題の居酒屋らしい。この先、何人かのNZ人にも言われるこの事。確かに飲み放題はNZで見た事ないもんな~。

大抵の外国人は寿司、寿司、寿司。それしか言わないから、今思い出しても笑える。

 

実際乗ってみて気になる点もあったが、再度購入の意思を伝えました。

現金で支払い。名義変更やらウンヌンカンヌン。

結果!!僕の身分ではこの場で何もできないらしい。

仕方がないので、不安ではありましたが、後日僕自身で行う事になりました。

 

そして、別れの時のです。

 

奥さん「今日はどこかに泊まるんですか?」

僕「クロムウェルへ帰ります。」

奥さん「へ!?それはやばくないですか?道は電灯1つなくて真っ暗ですよ。それを600km近くも運転するなんて」

 

と、旦那と相談。もちろん英語なので理解不能。ただ、一言聞き取れたのは「クレイジー」。

たぶん、結構ヤバい事を僕は言ってたんだと思います。

 

ちなみに、車で仮眠を取りながら運転していけばある程度安全と思った方もいるかもしれません。

皆さんが僕の立場でも絶対やらないで下さい。

しっかり捕まります。捕まると罰金$200です。NZは車中泊は禁止です。スーパーマーケット等の駐車場はもってのほかです。さらに手痛い罰金が追加されます(;´Д`)

 

そんなこんなで、奥さんから優しい一言。そして、待っていた一言です。

 

奥さん「毛布とか貸せるから、庭の駐車場貸そうか?」

 

ありがとう。これでなんとか急場凌げる。

でも、部屋は空いていないから、家の中では寝れないらしい。

確かに、家の中は結構散らかっていた。共働きだから仕方ない。

 

早速、皆で家に向かいました。

 

到着!!

 

汚いと言いながら、部屋に入れてくれました。

おまけにご飯をくれるとの事。

マジか(;゚Д゚)

今日は昼のパン以外何も食べてない。本当に助かる。

 

ナポリタンっぽい奴が出てきました。

本当に美味しく感じます。

なによりもご飯の最高のスパイスと言えば談笑。

旦那も交じり3人で会話をする事に。

子供はゲームやってる感じです。PS4か。良いな~(*´Д`)(笑)

 

不思議と奥さんがいると通訳がいる安心感から、何となく会話出来ました。

やっぱりリラックスすると違います。

この会話で気を良くした旦那が高級なウイスキーをご馳走してくれました。

コーラ割でしたが、かなり美味しく感じました。

f:id:Naonari:20170518195048j:plain

 

 すいません。ラムでした(笑)

旦那が言うには高級らしいです。

 

その後、携帯の話へ。

NZの携帯電話事情は、基本的にSIMをお店で買う事ができます。

又は、お店でそのSIMのついている携帯を買います。

そこに、スーパーマーケットやコンビニでチャージして電話したり、インターネットを使ったりします。

 

この会話で分かった事は2点。

①月額契約があり、支払う金額に応じて無料通話料金やパケットが付いてくる。普通に使うより断然お得。

②クレジットカードからの自動引き落としと、自動更新が可能。

 

この情報はかなり有難い。

 

また、車の保険はインターネットで入れるとの事で、インターネットから入る事にしました。

Wi-Fiも貸してくれました。言う事無しです.

 

さらにその後です。

 

旦那はさらに気を良くしたためか、猟銃などかなりの数を見せてくれました。

この中には、映画にも使われた物もあるようで、旦那は興奮気味に話てくれました。

f:id:Naonari:20170518200414j:plain

f:id:Naonari:20170518200445j:plain

 

どうやら、まだまだあるようです。

ですが、奥さんに止められ、旦那は渋々片づけていました。

僕はかなり楽しかったよ( *´艸`)

 

あと、今度撃たせてくれるとも言ってくれました。

 

旦那「ウサギと鳥どっちが良い?」

僕「ただの的で良いです」

旦那「まじか?それでいいのか?それならいつでも良ぜ」

 

生き物撃つとか絶対無理。。。。

 

ま~。地震とか色々あって再訪問はできなかったんだけどね(笑)

 

こんな会話して、夜は更けていきました。

奥さんは明日仕事との事なので、解散

僕も借りた毛布と共に寝床(車)へ移動。

この時点でかなり寒いぞ。。。。大丈夫か。。。。

 

では皆さん。良い夜を!!

 

 

naosan.hateblo.jp

naosan.hateblo.jp

naosan.hateblo.jp