読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ニュージーランドのワーホリからの帰還☆

ニュージーランドのワーキングホリデーから帰還してからのブログです。何かのお役立てれば光栄です。

☆naosan!!銀行口座を作る☆

こんにちは!!naosanです。

 

今日はnaosanがロトルアの町へ、銀行口座を作りに行きます。

その勢いで、ロトルア近辺も探索です。

 

一日かけてもロトルア近辺は回り切れないボリュームがあるロトルア!!

おススメです。

 

ちなみに今回書かせて頂くのは銀行関係のみです。

冒険は次回で(笑) 

 

では、出発です。

 

①銀行口座を作ろう

②銀行口座の余談

③NZの銀行の金利がスゴイ

 

 

①銀行口座を作ろう

今回はニュージーランド(以下NZ)で生活するのに、欠かせない銀行口座を作りに行きます。

 

銀行はBNZ!!

 

何故!?

知りません!!

 

今から思えば、ANZかウエストパックが良かったような。。。

 

BNZの特典と言えば、豚の貯金箱とボールペンがもらえるくらいでしょうか(笑)

 

では、口座開設開始です。

 

必要書類は

・パスポート

マイナンバー

です。

 

これらを用意して僕とホームステイのメンバーとジュン様の5人とkiwi旦那の6人でBNZの窓口に向かうと、予約されいたのかすぐに個室へ移動しました。

 

ここで、犯罪歴の有無等の用紙を書かされます。

 

そして、何かの説明をされます。

すいません。

内容は当然分かりません(笑)

 

その後、窓口に移動してパスワードの設定や、口座への入金等の作業をを行います。

 

この際、ネットバンクの設定もするので、混同しないように気を付けて下さい。

 

ちなみに、NZではネットバンクは必須。

と言うより無いと不便!!

 

ネットバンクを登録しておくと、デビット機能がついていて、その支払いができる店では、現金がいりません。

これを『エフトポス』と言います。

しかも、NZは日本と違い、屋台ですら、エフトポス機能を有しています(稀に無い時もありますが)。

 

そのため、僕は、現金を使った記憶は殆どありません。

あえて言えば、現金を使用したのは、車を買うときと、無人での野菜販売所で買い物をした際くらいでしょうか。

 

そのくらい、NZの支払いはエフトポスが主流となっています。

 

話はそれましたが、一通り指示に沿って話を進めていけば、普通に口座が作れます。

 

多少英語ができる方であれば、ある程度、苦戦するかもしれませんが作れます。

 

さらに、銀行口座を作ると、同時に『IRDナンバー』の申請ができます。

 

こちらは、審査含めて2週間程度で頂けます。

 

※IRDナンバーとは

簡単に言うと、税金のナンバーで、この番号で税金が管理されています。

この番号が無いと基本的に働く事ができません。

 

②銀行口座の余談

まず、何故、私が『ANZ』と『ウエストパック』が良かったと思ったかを、書かせて頂きます。

 

ANZ

ANZは日本にも支店があり、2週間程度あれば口座手続きが、日本で可能です。

そのためなのか、NZへ留学する人は、必ずと言って言い程、ANZで口座開設しています。

 

・ウエストパック

こちらの利点は、世界各国でデビット機能が使える点です。

NZ生活終了後、各国を回りながら日本へ帰る人も多いはず!!

その際、NZで働いて貯めたNZドルを使いたいと思う事が多いと思います。

しかし、そんな願望があったとしても、なかなか難しいのが現実です。

 

NZの銀行のカードにクレジット機能を付けることは可能ですが、ワーホリの様な短期在住者にはなかなか許可がおりません。

 

この様な時に、世界で使えるデビット機能付きカードは重宝します。

 

NZの後に旅行を考えている方はウエストパック!!

 

是非、おススメです。

 

 

③NZの銀行の金利がスゴイ

NZの銀行の金利はスゴイです。

僕は目を疑いました。

 

3%!!

 

これは日本国民からすれば奇跡的数値です。

 

日本なんて100万円を銀行に預けていても数円にしかならないに。。。

 

是非、NZで稼いでジャンジャン金利で稼いじゃいましょ。

 

また、半年の定期預金は驚きの6%(銀行のスタッフが言ってた)!!

 

これも脅威!!

 

これだけみたらNZに永住したくなっちゃう(笑)

 

ただし、条件があります。

 

条件は、1カ月事に預金口の貯蓄を💲1でも良いので増やさなければなりません。

 

これを行えば、毎月金利が入ってきます。

 

預金口座はエフトポス様の口座から資金を移す事が出来るので、忘れさえしなければ、簡単に金利をゲットできます。

 

ただし、全額はもらえず、税金は勝手に引かれます。

 

また、金利は預金の金額でも変わる銀行もありますので、こちらも注意して下さい。

 

ではでは、次回、ロトルアの周辺を冒険したいと思います。