読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ニュージーランドのワーホリからの帰還☆

ニュージーランドのワーキングホリデーから帰還してからのブログです。何かのお役立てれば光栄です。

☆ホビトン村へ行こう☆

こんにちは!!naosanです。

 

皆さん!!ご存知でしょうか!?

ニュージーランド(以下NZ)は色々な映画の撮影の舞台になっている事を!!

 

ちなみに、僕は知りませんでした(笑)

 

例えば、

ホビトン

ロード・オブ・ザ・リング

ラストサムライ

等々、超大作と言われるものも沢山あります。

 

その中でも、今回はホビトンで使われた『ホビトン村』へ行く事になりました。

僕はこの時、ホビトン、ロード・オブ・ザ・リングは一度も見た事がありません。(笑)

そんな僕が、何故いく事になったかと言うと。。。

 

聞き間違いです。

 

一緒に行くホームステイメンバーから、「💲18でホビトン村行けるよ!!」って言われたんですよ。

 

安くないですか?💲18!!

これなら行こうと決めた訳です。

 

しかし、実際にはロトルアからのツアーバスを含めて、💲200以上した気がします。

 

正直、こんな高いなら行かなかったよ。。。( ;∀;)

 

と、言う経緯から、このツアーへ参加する事になりました。 

 

場所は、ハミルトン近郊です。

遠いです。遠征です。

 

しかも、4人組の中で男は1人。。。ちと辛い。

 

と、思っているうちに、ホビトンバスが現れました。

ホビトンのマークが目立ちます。

f:id:Naonari:20170314191634j:plain

 

バスの中では、ドライバーさんがガイドしてくれます。

相変わらず、何言ってるか分からんけど(´・ω・`)

 

バスからはこんな景色も見れます。

NZじゃ珍しくない風景。

でも、この時は新鮮!!

f:id:Naonari:20170314191837j:plain

 

こんな風景を見ているうちに到着。

素晴らしきホビトンの風景をご覧下さいませ。

 

まず、現れたのは『ガンダルフ』。

 

普通に肩組んでるけど、後々、このお方の凄さを知りました。

なんたって、魔法使いなのに、木の棒を振り回しての物理攻撃にも長けている。

まさに魔法戦士!!

 

ちなみに、今履いているいる靴は、後日ホステルでパクられます(笑)

f:id:Naonari:20170314192258j:plain

 

ガンダルフを抜けると、いよいよガイド付きのホビトンです。

ちなみに、ガイドは英語で話ます。

訳分からん。

 

ここからは、写真だけかな。

説明できないし(´・ω・`)

f:id:Naonari:20170314192611j:plain

 

あッ!!工事中ですね。

f:id:Naonari:20170314192944j:plain

f:id:Naonari:20170314192943j:plain

f:id:Naonari:20170314193133j:plain

f:id:Naonari:20170320102022j:plain

 

 

あかんっ!!

だれか入っとる!

f:id:Naonari:20170314193135j:plain

あっという間に、ゴール地点のレストランへ。

園内を歩いた時間は30分くらいかな。ガイドにスゴイ急かされるか注意( ゚Д゚)

f:id:Naonari:20170314193413j:plain

 

このレストランの中では、軽食と飲み物を飲む事が出来ます。

 

僕はもちろんジンジャービアを頂きました。

 

この時から、ジンジャービアの虜です。

ちなみに、アルコール抜きの方です。

f:id:Naonari:20170314193935j:plain

f:id:Naonari:20170314194025j:plain

 

そして、館内もオシャレ雰囲気。

f:id:Naonari:20170314194212j:plain

f:id:Naonari:20170314194259j:plain

 

うおっ!!暖炉付きか!!

f:id:Naonari:20170314194216j:plain

 

トイレが一番ビックリした。

こんなにオシャレなトイレは初めてだ。

でも、外国人から言わせると、一番驚いたトイレは、日本のウォッシュレットらしいよ(笑)

f:id:Naonari:20170314194446j:plain

 

と、こんな感じの場所です。

 

是非、映画『ホビトン』を見た方は足を運んでみて下さい。