読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ニュージーランドのワーホリからの帰還☆

ニュージーランドのワーキングホリデーから帰還してからのブログです。何かのお役立てれば光栄です。

☆NZのドライバーに伝えたい!NZの駐車事情☆

 

こんにちは!!naosanです。

 

前回は車の購入の方法について書かせて頂きました。

車はご購入されたでしょうか??(笑)

 

今回はニュージーランド(以下NZ)の車の駐車事情を書かせて頂きます。

 

「駐車!?そんなの日本と一緒だろ!!」

 

そう思われる方はとても多いと思います。

 

「むしろ日本の方が厳しいだろ!!」

 

そう思われる方もいると思います。

 

確かに、ルール事態は似た様な物です。

 

駐車禁止エリアには駐車してはいけない!!

人の敷地には駐車してはいけない!!

 

など、ルールはあまり変わりません。

 

が!!

 

その取締りがえげつない!!

 

そして、多少ではありますが、日本ともルールの違いはあります。

そのため、私は罰金だけで

 

💲600!!

 

支払いました。

 

正直、この様な無駄なお金を、読んで頂いている皆さんには払ってもらいたくない。

💲600もあれば色々なアクティビティに参加できますし、レストランで食事もできる。

 

そんな気持ちから今回のテーマを書かせて頂きます。

 

目次

①夜中の車中泊は違法(フリーダムキャンプ)

②閉店したお店の駐車場は絶対止めない

③コインパーキングは少しの時間でも必ず払う

④路駐のルール

⑤罰金の支払い方

 

①夜中の車中泊は違法(フリーダムキャンプ)

日本では頻繁に行われている車中泊

例えば、スーパーマーケットやコンビニ、公園の駐車場で夜を明かすなんて事も人生で一度くらいはあるのではないでしょうか。

しかし、NZでそれをやると、罰金です。

もちろん見つからなければ大丈夫です。

しかし、見回りは大都市であればあるほど厳しく、ほぼ毎日行っています。

時間で言うと、22時頃と、5時頃が多かった様に思います。

もちろん、指定された場所での車中泊は問題ありません。

 

ちなみに捕まると罰金は

 

💲200!!

 

です。

ご安心して下さい。

これはNZ全土で一律です。

これ以上、高くなる事はありません。

 

 

②閉店したお店には駐車しない

例えば、飲食店が3店舗営業している建物があり、建物の前には共有の駐車場があります。その内の1店舗のみ営業、他2店舗は営業時間外のため閉店している場合の話です。

 

大抵の場合は共有駐車場にも、1台のスペース事に店舗の名前が記入されており、店舗を利用する場合は、その店舗の駐車場を利用します。

 

しかし、目的の店舗の駐車場が満車の場合、日本であれば、隣の店舗が閉店していれば、その駐車場に平気で駐車するでしょう。

少なくても、私はそうでした。ズレていたら、すいません。

 

しかし、NZでそれをやると車がレッカーされます。

しこも、結構すぐに。。。

僕は、ご飯を食べ始めて30分程度で車がなくなっていました。

まさに、

 

「あれ!?ない。。。」

 

と、つぶやく状況です。

 

そして、レッカーとレッカー使いのおっさんは次々と他の車も一掃していきました。

ハンドルロックか何かで運べない車は、ドアをバールでこじ開けていました。

破壊して持って行くなんて、豪快にも程があります。

 

運ばれた後は、車が保管されている場所まで、自分で取りに行きます。

場所は分からないので、お店のスタッフに聞けば教えてくれます。

 

場所が分かったら、取りに行きましょう。

取りに行くと、罰金と引き換えに車を返してもらえます。

罰金は。。。

 

💲280!!

 

もはや、僕の食べた夕食の10倍の金額です。

この時は、さすがに意気消沈でした。

 

③先払いコインパーキングは少しの時間でも必ず払う

 

NZのパーキングは後払いよりも、先払い方式の方が圧倒的に多いです。

先払い式は、先に料金マシーンに行き、時間等を選択してお金を支払い、支払い後に出てくる用紙を車のフロントガラス辺りに置いておく方式です。

 

しかし、意外にやりがちなのが

「お店の前だし大丈夫!!」

「短時間だし大丈夫!!」

と、思ってしまい、支払わず買い物。

車に戻ってくると罰金の用紙が、置いてある。

最悪の場合はレッカーで運ばれます。

 

違法駐車場の見張り役の人は本当に動きが早いです。

僕は10分で罰金でした。

金額は確か💲100程度です。

駐車料金が💲5前後ですから、本当に大損です。

 

 

④NZの路駐事情

 

○無料スペース

NZは駐車禁止以外の場所は比較的ゆるいです。

何日か放置しても全く問題ありません(もちろん防犯面でよくありませんが)

しかも、大都市にもこの様な場所がたくさんあるため、駐車にはあまり困らないかもしれません。

 

○時間指定の無料スペース

時間は場所によってまちまちですが、60分や120分までなら無料で駐車できるスペースがたくさんあります。

主に、町の繁華街に多いです。

そのため、大都市だと空いていない事も多いので取り合いです。

 

また、この様な場所は土、日曜日は時間指定なしとの記載があったり、特定の曜日だけ、内容が変わる場所もありますので、注意が必要です。

 

○有料スペース

同じく路駐ですが、こちらは有料です。

こちらも、料金マシーンに行き、駐車したい時間を選択してお金を払います。

その後、出てきた用紙をフロントガラスに中りに置いておきます。

こちらのチェックは人の見周りであったり、機械が監視していたりとまちまちです。

 

こちらの駐車場の注意点は、初めの1時間は無料等のサービスがあります。

そのため、慣れないうちは多めに払ってしまう事もしばしばあります。

良く見ると、その辺りの事は書いてあるので、駐車の際はじっくり見て下さい。

また、ことらの方式は18時以降と土日は無料になる事が多いです。

 

⑤罰金の支払い場所、方法

 

○夜中の車中泊(フリーダムキャンプ)で捕まった場合

捕まった場所指定の地域の市役所(みたいなもの)

NZの大手の銀行 ※支払い後、支払い用紙を郵送する必要があります。

 

○多店舗の駐車場の使用で捕まった場合

車が運ばれ場所まで行き、カード等で支払う

 

○パーキングで捕まる

大抵の場合はインターネットから支払えます。

罰金の支払い用紙に書いてあるのでご安心下さい。

 

○路駐捕まった場合

こちらは町ごとで違う様ですが、基本は上記記載の内容になります・

 

 

最後までお読み頂き有難うございます。

こちらを読んで頂いた方は、罰金を支払わずNZを出られると信じております。

是非、楽しいカーライフを過ごして下さい。